​ホットワックスの使用方法及び注意事項

【塗工方法】

① 滑走面の汚れをクリーナー等で除去してください。

②ホットアイロンワクシング等で塗布する場合、アイロン温度は100℃~ 110℃とし、当ワックスを加熱して溶かし、滑走面に滴下してください。

③アイロン用にワクシングペーパーをセットし、当ワックスを十分染み込ませてください。

④アイロンで滑走面に滴下したワックスを伸ばすように、全体に浸透するように広げてください。この時、1か所にアイロンを停滞させないでください。

⑤アイロンの電源を落とし、ワクシングペーパーは外してください。

⑥滑走面のワックスが常温硬化したら、滑走面の端からスクレーパー等で余分なワックスを削ぎ落し平滑に仕上げます。

⑦続いて硬めのブラシで滑走方向にブラッシングを行います。

⑧仕上げは軟らかいプラシ、また粗目のスポンジで滑走方向に向けて削りカス等を除去してください。

【注意事項】

①換気が良く、板が安定し、周囲に引火物がない場所で作業をしてください。

②アイロン等の加熱器具には十分注意してください。

③作業中の衣類への汚染、火傷などの対策として、エプロン、ゴーグル、手袋の保護具を着用して下さい。

④食することは出来ません。

⑤作業時には子供、ペットが周囲にいないことを確認して下さい。

【保管】

6 0 ℃ 以上の保管場所、直射日光は避けてください。

​ ペーストワックス(滑走用)使用方法及び注意事項

【塗工方法】

滑走面の汚れをクリーナー等で除去してください。

②缶を開け、ワックスを適量スポンジ(黒色側)に取ります。

③スポンジを滑走面にそのまま押し付け、ワックス伸ばすように、全体に広げてください。なお、滑走面のワックスは常温で完全硬化いたしません。雰囲気温度10℃以下で硬化します。

④滑走面の端から反対側の白いスポンジで滑走方向に向けて均してください。

 

 

【注意事項】

①換気が良く、板が安定し、周囲に引火物がない場所で作業をしてください。

②作業中の衣類、身体への汚染を考慮しエプロン、ゴーグル、手袋の保護具を着用して下さい。

③食することは出来ません。

④作業時には子供、ペットが周囲にいないことを確認して下さい。

 

【保管】

60℃以上の保管場所、直射日光は避けてください。

株式会社成光プレシジョン

〒210-0854

​神奈川県川崎市川崎区浅野町6-7